記憶力アップに超効果的!おすすめの勉強方法まとめ

記憶力アップに効果的なおすすめの勉強方法についてまとめました。話題のユダヤ式記憶術についても。

こう読めば効果的!記憶力アップ効果がある読書法

time 2017/12/16

こう読めば効果的!記憶力アップ効果がある読書法

1.読書は記憶力アップの直接的な方法である

最近ではネットを情報取得や知識習得の源にしている人も多いですが、やはり読書をすることで新しいことを知り、知識を深めていくという方法が王道です。ネットには膨大な分量の情報があるのですが、いまだ本の持つ専門性やコンパクトにまとめられた形態に勝てているとは言えません。
記憶力アップに関しても、読書は欠かせない方法です。記憶力アップには記憶力によい食べ物を食べたり、生活習慣を変えたり、音楽を聞いたり――と様々な方法がありますが、読書と比べると全て間接的な方法だと言えます。
なんのために記憶力アップをしたいかと言えば、本に書かれている重要な事柄を覚えていたいがためなのです。ですから、読書を通して記憶力アップをはかるのは、目的を達成しながら能力をあげることもできる一石二鳥の方法なのです。

 

2.声に出して読む

声に出して本を読むと、読むスピード自体は遅くなりますが、声を出さなかった場合と比べると記憶に定着する率が段違いで高くなります。長い小説などでは効率が悪くなり過ぎるかもしれませんが、短編小説や知識習得系の本を読む時には是非取り入れて欲しい読書法です。

 

3.メモを取る、メモを書き込む

読書をしながらメモを取るのは当然かもしれませんが、本に直接赤線を引いたり、メモを書き込んだりすると理解が深まり、記憶力アップにつながります。もちろん、書き込むのは自分で買った本にしてください。
メモを書き込むことは、その時の記憶によい影響があるだけではなく、二度目、三度目と読み返す時に抜群の効力を発揮します。メモを見ることで、一度目に読んだ時に自分が何を考えたかを思い出すことができ、回を重ねるたびにより深い読書を行うことができるのです。

 

4.構造を掴もう

一冊の本は私たちが読みやすいように、情報をまとめられています。情報がどのような順序でまとめられているかの「構造」を知ることで、より記憶力に定着しやすくなります。構造を掴むためには一冊の本の内容を「要約」するのが一番の近道になります。
一文で本の内容を要約するとどうなるか? 二文使うとどうなるか? あるいは100文字で要約するとどうなるか、400文字で要約するとどうなるか――。読み終わったすぐ後に要約を行うと、さらに高い効果が期待できます。

読書は記憶力アップのためだけではなく、知識を付けるための方法の王道です。意識的に効果のある読書法を試して、頭をよくしていきましょう。

 

知らなきゃ損!記憶力アップに効果的なおすすめの勉強法

 

 

短期間 短時間 記憶力アップ

神経衰弱 ワーキングメモリ 記憶力アップ

納豆 大豆 記憶力アップ

記憶力アップ 効果 読書法

記憶力アップ 効果的 おすすめ 勉強法

記憶力アップ 試験 テクニック