記憶力アップに超効果的!おすすめの勉強方法まとめ

記憶力アップに効果的なおすすめの勉強方法についてまとめました。話題のユダヤ式記憶術についても。

記憶力アップに効く野菜とその成分とは?

time 2017/12/15

記憶力アップに効く野菜とその成分とは?

毎日野菜を食べることは健康維持のために大切なだけではなく、記憶力アップにも効果があるって知っていましたか? どんな野菜を食べれば記憶力アップに効くのか? その野菜のどんな成分が記憶力アップにいいのかをまとめてみました。

 

1.ビタミンB群を含む野菜たち

ビタミンB群を多く含む野菜には、グリンピース、モロヘイヤ、かぼちゃ、アスパラガス、ブロッコリー、とうもろこしなどが挙げられます。
ビタミンBのなかでも、とりわけビタミンB1には糖質の代謝を助ける機能がありますので、摂取した糖質を効率よく脳のエネルギーに変えてくれます。さらにビタミンB1には脳内の神経を正常に保つ働きがあり、記憶力アップに欠かせない栄養素と言えます。

 

2.ビタミンCを多く含む野菜たち

ビタミンCを多く含む野菜には、ピーマン、ケール、ブロッコリー、キャベツ、カリフラワー、かぼちゃなどが挙げられます。

ビタミンCが健康によいことは知られていますが、記憶力アップによいということはあまり知られていない事実です。ビタミンCは脳内の神経伝達物質ノルアドレナリンを合成するのに欠かせない栄養素なのです。ノルアドレナリンは行動薬理学的な実験によって記憶の固定に大きな働きをしていることが解明されています。

つまり、記憶力アップに効くということなのですね。

 

3.野菜が記憶力アップに効く理由

野菜に含まれる様々なビタミンは、脳内の神経伝達物質を作るために欠かせない働きをしています。野菜を摂ることでそれらの神経伝達物質を正常に働かせることができ、そのことが記憶力アップに繋がるのです。

様々な種類のビタミンと、神経伝達物質がありますので、一種類の野菜だけを集中して食べるのではなく、たくさんの種類の野菜をバランスよく食べることが大切です。

4.記憶力アップに効く野菜レシピ

手軽にできる野菜料理と言えば、野菜炒めが考えられます。多数の野菜を切って炒めればよいだけですね。サラダも多くの種類の野菜を一度に食べることができる料理です。ドレッシングを工夫することで、美味しくたくさん食べたい料理ですね。

子供に野菜を食べさせたい時は、野菜カレーにして人参、ナス、ブロッコリー、ピーマン、玉ねぎなどを入れましょう。野菜嫌いな子供でもカレーと一緒ならたくさん食べられる子もいます。

 

中華料理、和食でも野菜の多いメニューがたくさんあります。たくさんの種類の野菜を食べて、健康で記憶力によい食生活を作っていきたいですね。

 

知らなきゃ損!記憶力アップに効果的なおすすめの勉強法

 

短期間 短時間 記憶力アップ

神経衰弱 ワーキングメモリ 記憶力アップ

納豆 大豆 記憶力アップ

記憶力アップ 効果 読書法

記憶力アップ 効果的 おすすめ 勉強法

記憶力アップ 試験 テクニック