記憶力アップに超効果的!おすすめの勉強方法まとめ

記憶力アップに効果的なおすすめの勉強方法についてまとめました。話題のユダヤ式記憶術についても。

えっ!?ツボ押しマッサージで記憶力アップ?それって本当?

time 2017/12/15

えっ!?ツボ押しマッサージで記憶力アップ?それって本当?

勉強や仕事でなんだか頭がだるい時に、自然と頭をマッサージしていることはありませんか?

頭を指でマッサージすることは確かに記憶力アップに効果があるのですが、マッサージをする場所を間違ってしまうと、思っていたような効果を得ることができません。

では、どの場所をマッサージで押せば、記憶力アップに効果があるのでしょうか? 記憶力アップに効くツボの位置を紹介してみましょう。

 

1.神門(しんもん)

神門というのは、手首のシワの少し下にある、小指側の窪みのことを言います。神様が入ってくる門という名前ですね。神門を押すと、不眠、疲れ、肩こりなどに効き、勉強や仕事で疲れている時に、再び集中力を持って取り組むことができるようになります。リラックス効果もあるので、気分転換に押してみるとよいでしょ。
神門は記憶力アップ以外にも、便秘、夏バテ、頭痛などにも効果があると言われています。ツボを押すことは全身に関係することなので、効果が一つだけではおさまらないのですね。

2.合谷(ごうこく)

合谷というのは、手の甲側の親指と人差し指の間にある骨と骨の間で、少し人差し指側にあるツボのことを言います。合谷を押すとストレス解消や頭痛解消に効果があり、勉強や仕事中になんだか頭が重くなってきた時に押すと効果があります。
合谷は記憶力アップだけではなく、嘔吐、肩こり、下痢などにも効果があると言われています。神門と並んで押しやすい位置にあるツボなので、勉強や仕事の最中でも短時間で気軽にマッサージをすることができるツボですね。

3.百会(ひゃくえ)

百会は頭のちょうどてっぺんで、押すと少しへこむ場所にあるツボです。百会は押すと、自律神経を整えたり、頭痛に効果があったりします。自律神経が乱れると、記憶力にも影響してしまいますので、こうやって整えてやる必要があるのですね。百会を押すと血行促進効果もありますので、頭がしっかりと働いてくれるようになります。

4.げき門

げき門というのは、腕の内側で手首と肘の関節とのちょうど真ん中あたりにあるツボのことです。手や肩のこりを解消し、ストレスを緩和する効果があります。ストレスを緩和することが記憶力アップにもつながります。
げき門は動悸息切れにも効果があるツボです。
以上が気の向いた時に自分でマッサージができるツボです。余裕がある人は他の人にマッサージをして貰ったり、マッサージ器を使ったり、マッサージ店を利用してみるのもいいかもしれませんね。

ツボをマッサージして記憶力アップ、今から試してみませんか?

 

知らなきゃ損!記憶力アップに効果的なおすすめの勉強法

 

 

短期間 短時間 記憶力アップ

神経衰弱 ワーキングメモリ 記憶力アップ

納豆 大豆 記憶力アップ

記憶力アップ 効果 読書法

記憶力アップ 効果的 おすすめ 勉強法

記憶力アップ 試験 テクニック